除振台・光学定盤の明立精機株式会社。
振動を含めあらゆるノイズに対処する
トータル・ノイズ・ソリューションを提供します。

  1. 会社沿革

会社沿革

1968年9月明立精機株式会社設立
1971年6月「コイルばね式除振装置」の商品化(国産第1号機)に成功
1971年8月除振装置の商品名「バイソレーター(VISOLATOR)」を商標登録
1973年5月「空気ばね式除振装置」を商品化し、アルミハニカムを国産で 初めて定盤に用いた大型除振装置の市場を開拓、 除振装置業界のパイオニアとなる
1978年5月半導体製造装置「ステッパー用除振装置」を開発・発売
1979年10月「船舶用除振システム」を開発・発売
1981年5月振動計測・解析・振動コンサルタント業務をスタート
1989年1月光学実験用機器の製造・販売を開始
1996年3月超高真空対応の除振装置を開発
1998年4月神奈川県知事指定「かながわモデル工場」に認定される
1998年11月国際標準規格ISO9001の認証取得
1999年12月「アクティブ除振システム」を開発・販売
2004年11月大阪営業所開設
2007年6月環境省「エコアクション21」認証取得
2008年6月経済産業省「元気なモノ作り中小企業300社」に選定される
2009年2月MEIRITZ KOREA 設立
2011年10月MEIRITZ SHANGHAI 設立
2014年10月株式会社インターアクション(東証2部上場)の完全子会社になる